知っトク!ブリューパブ、クラフトビールが日本で流行!

クラフトビールが流行

ブリューパブについてはご存じない方がほとんどだと思いますが、「クラフトビール」はどうでしょうか。

いわゆる「地ビール」が1994 年の規制緩和で日本全国に誕生しました。

それまで年間の最低製造数量が2,000KL だったビールの酒類製造免許が60KL の基準まで下げられ、

中小企業でもビールの製造が可能になったためです。初期の地ビールブーム以降、浮き沈みはありましたが、

この10 年で小規模メーカーの造るビールは地ビールから「クラフトビール」と呼ばれるようになり、

少しずつ日本に広がってきています。日本のクラフトビールの定義についてはいろいろありますが、

おおまかに言うと、大手ビールメーカーとは異なる味わいの小規模メーカーが造る多種多様なビールや発泡酒です。

これまでの日本のビール市場にはなかったような、海外のスタイルのさまざまな味わいや香り、

色合い、アルコール度数の高いものや苦味の強いものがあり、ビール離れが進んでいると言われる

若者や女性にも受け入れられつつあるクラフトビール。小規模メーカー造り手の顔が見えるストーリー性や安心安全が付加価値になり、

日本全国で開催されるビールイベントの盛り上がりやクラフトビール専門の飲食店の増加で確実にファンを増やしてきています。

最近では、大手ビールメーカーも「クラフトビール」を市場に投入し、

コンビニやスーパーでもクラフトビールコーナーが設けられるなど、

少しずつですが一般的な認知度は上がってきました。

ですが、クラフトビール全体の市場シェアはビール市場全体の1%前後と言われています。

クラフトビールを専門で扱う飲食店、いわゆるビアパブやビアバーもこの数年で一気に増えてきましたが、

特に首都圏に集中していて、大阪でも市内を中心として少しずつですが増えてきているのが現状です。

世界にはたくさんあるブリューパブ

クラフトビール市場は世界的に見るともっと大きく拡大してきています。

もともと海外のビールといえば、ドイツやイギリス、ベルギーなどのヨーロッパを想像される方が多いのではないでしょうか。

最近では、アメリカのクラフトビールブームの勢いが最も大きく、

アジア圏もそれに同調するようにクラフトビールの人気が上がっています。

実は、ブリューパブというスタイル自体は、海外では一般的なブリュワリーの形だと言えます。

そもそもドイツやベルギーのようなそれぞれの街にそれぞれのビールのスタイルがあるような国では、

クラフトビールという考え方自体ないような気がしますし、

小さなビール醸造所がレストランやショップを構えて自社製品を販売するというのは自然なことのようです。

そこには、地元の人々が集って、地元で親しまれるビールを飲むという光景が日常的にあります。

クラフトビールブームが過熱するアメリカでは小規模メーカーが爆発的に増えています。

2012 年には2,000 社に満たなかった(とは言えすごい数ですが……)企業数が、2015 年には4,000 社を超え、

2016 年には5,000 社を超えるまでに増加中。まだまだ開業準備中の小規模メーカーもたくさんあります。

そのうちの1,650 社のメーカーがブリューパブのスタイルでビールの醸造と販売をしています。

特にオレゴン州ポートランドという決して大きくはない街にはクラフトビールの小規模メーカーが70 社以上あり、

その多くはブリューパブです。地元に根ざした本当の意味での「地ビール」が

たくさんの人々に飲まれているマーケットが世界にはたくさんあるのです。

この記事を書いた人

松尾弘寿

松尾弘寿

20代前半から興味のあったクラフトビールをウリとした飲食店での起業を意識し始め、ブリューパブの業態を知る。2016年4月23日、大阪市中央区にて「ブリューパブテタールヴァレ」を開業する。2016年8月1日にはブリューパブに必要な酒類製造免許を取得。自家醸造のクラフトビールの製造を開始。2017年6月には国際的なビール品評会アジアビアカップのダークエール部門で自社醸造のロブストポーターが金賞を受賞。今後は関西を中心にブリューパブの業態を広め、クラフトビールの文化を日本に根付かせる活動を幅広く展開する。
 クラフトビールを知るきっかけになればと思います。まだまだ馴染みはないかもしれませんがこれからどんどん広めていきます。 ビール好きな人は是非一度読んでみてください。 また、これから独立したいな!店舗を出したいな!と思っている方も是非読んでみてください。 店舗経営について学びたい方も是非読んでください。