アニマル・コミュニケーションとはいったい何でしょう??

日本のアニマル・コミュニケーション事情

現在の日本においてアニマル・コミュニケーションは、特殊な人しかできないもの、

またはスピリチュアルなものだと思っている人が多いように思います。

アニマル・コミュニケーターという特別な人のもとで、パートナーの気持ちをお告げのように教えてもらわないとわからないもの、

それがアニマル・コミュニケーションだと思っている人もいるのではないでしょうか。

時々、アニマル・コミュニケーションで受け取ったことを当たっている、当たっていないで判断してしまう人がいますが、

はっきり言ってアニマル・コミュニケーションは占いではありません。

アニマル・コミュニケーションは人と動物がお互いの理解を深め、生活をより豊かにするために活かすものだと私は信じています。

彼らには私たちと同じように『命』があり、精一杯生きていろんな経験をしています。

あなたを心から愛し愛され幸せな時を過ごし、楽しいことも……時に辛く悲しいことも、

もどかしい思いも怒りも……私たちが日々の生活の中で感じ、経験することを彼らも同じように体験しているのです。

本当の彼らを理解することによって、『可愛い』だけの存在からより深く愛情が増し、

強く固い絆で信頼関係が築けます。動物たちはあなたが思うより、もっとずっと深く……

時にはあなた自身よりもあなたのことを理解し、深く愛しています。

ぜひ、アニマル・コミュニケーションで彼らの声にならぬ思いを受け止めてください。

パートナーの本当の姿は、あなたが思っていた通りの姿なのでしょうか?

アニマル・コミュニケーションを体験した方は皆さんパートナーは自分が思っていたよりも自分のことをよく見ていると言います。

そして今まで以上にパートナーが愛おしくなったとも……その時を機に関係性が変わったという嬉しいご感想をよく頂きます。

日常的に彼らの思いや気持ちを理解することで、パートナーとの生活がより充実したものになります。

パートナーとの『これから』の未来を楽しく、より幸せな日々にするために、

ぜひアニマル・コミュニケーションを普段から活用してもらいたいと思います。

または……旅立ってしまった最愛のパートナーとの温かく愛に溢れた日々を思い出すために。

この記事を書いた人

岩田よしまろ

岩田よしまろ

京都府出身、滋賀県在住。アニマル・コミュニケーションを学び始める。ローレン・マッコール、キャロル・ガーニー、その他の著名なアニマル・コミュニケーターに師事し、2015年プロのアニマル・コミュニケーターとしてデビューを果たす。プロとしての観点から、保護者とパートナーの緊密な関係性から派生する様々な問題に対処するため、2016年心理学(NLP)の資格を取得。保護者が日常的にアニマル・コミュニケーションができる世の中になることを目指して、心理学の要素を入れた独自のアニマル・コミュニケーション講座を開講している。現在は2匹の保護猫と暮らしながら、終生飼養の啓発活動を行っている。