子どもに正しい事を伝える声かけは楽しませてなんぼ

人を傷つけずに「正論」を伝える。

あなたの「正論」はどのくらい人を楽しませていますか?

ここでは講師や教員をされている方、保護者の皆さま、

あるいは社会生活で人の上に立つ方々にぜひとも

「正論は他人を傷つける」

ということを考えていただけたらと 思います。

例えば、生徒さん、お子さまに対し

「あなたは宿題も 忘れるし、遅刻欠席も多いし態度も悪い、

さらにやる気 も見えない。そんなことでは成績は上がるわけがない」 

と正論を言っても、それが「即やる気」になるわけでは ありません。

「はい! 私が間違えていました。これからは心を入れ 替えて頑張ります!」

なんて、30年前のドラマのような セリフなど期待する方が無駄な労力です。

話していることすべてが正論でも相手が反省し即やる 気になることはありません。

なぜかって……?

「正論に対しては反論ができませんし相手が傷つきねじ曲がるだけ」だからです。

同じようなことが数年前に政治の場でも起きました。

言葉は「言霊」。

ある団体が都議会議員選挙前にある場所で、

総理大臣 に対し「死ね」「辞めろ」と連呼していましたが、

たとえ 自分自身が支持していない議員さんや政党だとしても言わないしまず言えません。

あるいはどれほど好きではない相手に対してでも、

そのような言葉を発する習性を私自身は持ち合わせていません。

なぜなら、私たちは宗教的な視点は抜きにしても「言霊思考」を持っているからです。

かつてネットいじめが問題になったときも、「死ね」と いう文字が軽々しく使われていました。

匿名性の高いネット社会の背景に慣れた世代が、

今度は平気で表立って「死ね」という言葉を発するようになります。

問題は、あくまでもネット社会というバーチャルな場に吐露されたホンネを、

国会という表舞台に引っ張り出し、

「国民が許さない」とか「国民がどう思うか」など、

あたかもすべての国民が支援しているかのごとく発言していることです。

総理も正論で返すという下手を打ちました。

「そんな誰が言ったかもわからない匿名の文章に」

などと「正論」 で答えたものですから余計炎上してしまいました。

つまり正論は相手を傷つけ、そうした「心の機微」を

二世政治家の総理は理解できなかったのだと思われます。

結果、国会前で「あれは私です」というプラカードを持った女性たちが

デモを行う事態を招きました。

お伝えしたいのは、ぜひ皆さまには

「上手な言葉と心をお子さまに使いこなしていただきたい」

ということです。

長い目で見ればそれが人間関係にとっても有益なことです。

この記事を書いた人

森下学

森下学

隠れ家的学習塾 品川シーサイド・スタディールーム オーナー
1974年東京都目黒区生まれ、東京都品川区在住。
弊塾オーナー講師、認定心理士、保育士、教職免許、各種検定試験資格を持ち日々の指導にあたっております。
私は2011年から現在にかけて、田町~品川エリア(東京都港区・東京都品川区)
大津~北久里浜~久里浜~三崎の一部エリア(神奈川県横須賀市)
及び、海外在住の幼稚園-高校生の方々を対象に、品川の魅力的な教育・文化・人情・国際化を伝えながら、お子様への勉強や受験、能力開発を通じて地域貢献したいという信念を持ち、向き合うよう努めてまいりました。
これまで、お一人お一人のクライアント様を丁寧にご指導しながら勉強だけではなく心理的側面、クライアント様を取り巻く環境面も意識しつつ、多少の雑談を交えながら効果の高い学習サポートを行っております。